9月お楽しみお茶会








 
9月11日(月)石岡市石岡の社会福祉法人斑山会ケアハウス ゼーレで、当財団理事で宗山会代表の大久保純子さんが「七月のお茶会」を開きました。
これは、介護老人施設に入居しているお年寄りたちを元気づける活動のひとつ。お点前を楽しみ快適なひとときを送っていただき元気になってもらおうと開かれているものです。
会場には季節の花や施設長が打った能面が飾られました。川又南岳先生の書「吾知足」について大久保理事は「施吾唯知足には『われ、ただ足る』という意味が込められています」と解説。お点前体験もあり、古の歴史をもつ茶道の心得や日常生活における礼儀作法なども学びました。
主催: ケアハウス ゼーレ
協力: 宗山会/一般財団法人 茨城県郷土文化振興財団
 































TOP    徳一が歩く