お雛様のお茶会
7月4日(月)石岡市石岡の社会福祉法人斑山会ケアハウス ゼーレで、当財団理事で宗山会代表の大久保純子さんが「七夕のお茶会」を開きました。
 これは、介護老人施設に入居しているお年寄りたちを元気づける活動のひとつです。お点前を楽しみ快適なひとときを送っていただき元気になってもらおうと開かれているものです。
 お茶会の席では、参加者それぞれが勝手流と自己流を合わせたお点前で一服を召し上がっていました。サプライズとして大久保先生からの6月と7月生まれの誕生祝いのプレゼントもありました。また、前回に続いてお点前体験も行われ、大久保先生指導を受けながらお点前を楽しみました。厳かな雰囲気の中で古の歴史をもつ茶道の心得や、日常生活における礼儀作法などのお話しも大久保先生から学びました。また、施設長が彫った能面も会場に展示され雰囲気を盛り上げてくれました。
参加していただいた入居者や大久保純子理事、スタッフの皆さんお疲れさまでした。
主催: ケアハウス ゼーレ
協力: 宗山会/一般財団法人 茨城県郷土文化振興財団
 





















TOP    徳一が歩く