お楽しみ7月お茶会 


                                  

7月18日(金)石岡市石岡の社会福祉法人斑山会ケアハウス ゼーレで、当財団理事で宗山会代表の大久保純子さんが「お楽しみ7月お茶会」を開きました。
 これは、介護老人施設に入居しているお年寄りたちを元気づける活動のひとつです。茶道を楽しみ快適なひとときを送っていただき元気になってもらおうと隔月ごとに開いているものです。
 お茶会に先立ち、米寿のお祝いとして大久保さんから平野金四郎さんに似顔絵が贈られました。平野さんは「恥ずかしい」と盛んに照れていましたが満面の笑みをたたえうれしそうでした。
 会場には紅い百合の花が活けられ、その中で新井美子さんがお琴を演奏。茶会の雰囲気を盛り上げていました。参加者から「千鳥の曲」のアンコールがあるなど好評でした。
大久保さんは「明るく楽しく抹茶を一服いただき心を和やかにして暑さに負けないで頑張ってください」とお年寄りを励ましていました。参加者は、思い思いの流儀でお茶を楽しみました。
参加してくれたお年寄りや大久保純子理事、スタッフの皆さんお疲れさまでした。

主催: ケアハウス ゼーレ
協力: 宗山会/一般財団法人 茨城県郷土文化振興財団









 










TOP    徳一が歩く