お雛様お茶会 

                                  

3月3日(月)石岡市石岡の社会福祉法人斑山会ケアハウス ゼーレで、当財団理事で宗山会代表の大久保純子さんが初釜を開きました。
これは、介護老人施設に入居しているお年寄りたちを元気づける活動のひとつです。茶道を楽しみ快適なひとときを送っていただき元気になってもらおうと隔月ごとに開いているものです。
会場には7段飾りの雛壇も設けられ華やかな雰囲気の中で茶会が催されました。
大久保さんは「明るく楽しく抹茶を一服いただき心を和やかにしてください」と話していました。
多くの参加者は、それぞれの流儀でお茶を楽しみ「
あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひな祭り」のお琴の演奏に耳をかたむけていました。
参加してくれたお年寄りや大久保純子理事、スタッフの皆さんお疲れさまでした。

主催: ケアハウス ゼーレ
協力: 宗山会/一般財団法人 茨城県郷土文化振興財団



 









 












TOP    徳一が歩く