お楽しみ11月お茶会 

                                  

11月15日(金)、石岡市石岡の社会福祉法人斑山会ケアハウス ゼーレで、当財団理事で宗山会代表の大久保純子さんが「七夕お茶会」を開催しました。
これは、介護老人施設に入居しているお年寄りたちを元気づける活動のひとつです。茶道を楽しみ快適なひとときを送っていただき元気になってもらおうと隔月ごとに開いているものです。
大久保さんは、「古式豊かな茶道を求めるのではなく、喫茶去というように、抹茶を一服いただき快活な気持ちになってください」と話していました。
多くの参加者は、それぞれの流儀でお茶を楽しみお琴演奏に耳をかたむけていました。
今回は当財団から大久保理事しか派遣できませんでしたが、今後も茶道文化を通じてお年寄りに楽しいひと時を過ごして頂くために積極的にサポートを進めてまいります。
大久保純子理事、スタッフの皆さん、よろしくお願いしますね。

主催: ケアハウス ゼーレ
協力: 宗山会/一般財団法人 茨城県郷土文化振興財団


手ほどきを受ける参加者
 

施設長も参加しました


笑顔が大切です


2階から見た茶席
 






 
幸せは二人でわかちあおう


会場全景


気分は最高です


スタッフの皆さんお疲れさまです
TOP    徳一が歩く