近世仏教絵画里帰り展

 今瀬理事長 つくば市吉瀬の「ぎゃりーながや門」で講演

 11月17日(金)、つくば市吉瀬地区由来の仏教絵画約10編の里帰り展が開かれている「ぎゃらりーながや門」で、今瀬理事長が仏教絵画について解説しました。これは、つくば文化郷のオーナーであ地元在住の根本健一氏が、「この集落に残されている、いましめの対象として恐れられた地獄絵を保存して伝え残していこう」と企画。今瀬理事長は、絵の由来や物語をパワーポイントを使用して丁寧にお話をしました。












TOP    徳一が歩く